投球 指導論

プロ野球、阪神の藤浪晋太郎投手をどう指導する?指導者の投手指導力について考える。

投稿日:

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00010007-friday-spo

藤浪投手のコントロール難は、イップスなのか、技術力の問題なのか

阪神の藤浪選手が依然とコントロールに苦しんでいます。様々なコーチなどから技術的な指導を受けているのに、なぜ改善しないのでしょうか。そもそも、投手指導力とは何なんでしょうか。

例えば、プロのピッチングコーチを経験された方がアマチュアの指導に関われば、投手指導力を発揮して皆が素晴らしいピッチングができるようになるのでしょうか。

私は投手経験は一切ありませんが、それなりに投手指導力はある方だと思っています(投手育成にそこまで困っていませんし、大きな故障者も出していません)。自分なりに考えをまとめてみたいと思います。

投球フォーム指導だけが投手指導じゃない

少年野球から高校野球まで、投球フォーム指導というものは大事になってきます。最初からある程度きれいなフォームで投げられる子供もいますが、多くはめちゃくちゃな投げ方をしています。まずこの部分をある程度の「教科書通り」の投げ方に持っていく必要があります。

この部分の投手指導力は、野球指導書などを読めば、だいたいどれも同じようなことが書かれていますので、誰もが一定程度の指導力を身につけることができるでしょう。そもそも、この基本的な部分を知らない状態では何も指導ができません。

ちなみに、阪神の藤浪選手もこの部分を色々と指導されていたようですが、一向に良くなりません。投球フォームの指導は、初心者には必須であり有効な指導方法でしょうが、一定レベル以降の選手には、そんなに大きなポイントではないと思われます。

正しい投球フォームの動きを出すために、どのように体を動かせばいいのかがわからなければ、フォーム指導すらできない。

正しい投球フォームは、書籍を読んだりYouTubeなどで動画を見たりすると、だいたいの指導者の方はイメージが持てると思いますが、実際に指導するとなると、選手は全然そういう動きができません。そして指導者も、どのように体を動かせばその動きが導き出されるのかというものが理解できていないと、そこで指導がストップしてしまいます。

肘が下がっている、開きが早い、膝が割れている…こんなことは野球初心者のその辺のおっちゃんでも言えることです。ここを改善できるまで導く力が投手指導力になります。

しかし、そういう細かいテクニックなどは指導書にはあまり乗っていませんし、本を読んだだけで理解できるはずがありません。実際に指導者ができるようになる、その過程でできるようになる方法を理解し、それを伝えることができるようになる。こういう段階を経ないと指導ができません。

実際に元有名なプロの投手の方の指導現場を見させてもらったことがあります。その投手は私がテレビで応援していた投手ですし、確かな実績があります。しかしその元プロ野球選手は、自分の感覚とフォームを選手に伝えるだけの一方通行のような指導になってしまい、指導を受けている選手が動きを理解できず困惑する…という光景がずっと続きました。

ここにも、「自分ができる」という部分と「指導できる(指導力)」には大きな差があると考えられます。

なので、実際は投手をしたことがないような私でも、投手指導をすることができるようになるのです。

私は、投手出身の指導者に投手指導力が負ける気がしません。それは自分ができないからこそ、徹底的に「どうしたらいいのか」を研究したのです。自分が簡単にできる事は、どのようにすればできるかなんてわからないのです。そうなってしまうと、「何で子供ができないのか」ということが分からなくなってしまうのです。

名選手名指導者にあらず、というのは、こういうところからきているのかもしれませんね。

また続きの記事を書きます。

-投球, 指導論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あなたはアウトローに何球投げられますか?投手のコントロールを考える。

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 投手のコントロールについて 少年野球でも球数制限が導入され、複数の投手を育成する必要がでてきました。 我々も「投手経験者 …

早稲田実業野球部の問題行動の内容は?学校の対応は間違っているの?

先日、早稲田実業野球部の不祥事問題について記事を書きました。 早稲田実業野球部の大会辞退理由は公表しなくていい?高校野球部で不祥事が起こったらどうなるの? 高校野球の世界にいると、大会の出場辞退や不祥 …

「続」高校野球界の坊主頭の現状。要は指導者の坊主頭への考え方だけが問題。

前回の記事はこちら。 野球離れは坊主のせい?高校野球界の坊主頭の現状 前回の続きになります。 何故高校野球部は坊主頭なのか③ 指導者が他の指導者の目を気にしてしまっている。 多いチームは土日は毎週練習 …

【甲子園優勝】履正社高校野球部の岡田監督の指導方法について「教えすぎない教え」

先日の夏の甲子園決勝で星稜高校を破って見事に夏の甲子園初優勝を果たした履正社高校。その岡田監督の著書を読んだので、感じたことを書いていきたいと思います。 教えすぎない教え 「教えすぎ」は選手の自主性を …

高校野球の球数制限を考える。本当の高校野球の現場ではどうしているのか。

高校野球の球数制限「正直苦しい」 福井の公立校監督 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-fukui-l18 球数制限導入に現場の指 …