雑記

球数制限問題。高校生が投げ過ぎで肘を故障し、トミー・ジョン手術を受けたら治療費はh¥学校に請求できるのか?

投稿日:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00009948-bengocom-soci

「投げすぎ」といえるほどの球数を投げさせた結果、将来有望な投手がひじを損傷して、トミー・ジョン手術を受けざるをえなくなった場合、治療費を請求することは可能なのか。

「たとえば、ひじに違和感や軽い痛みがあるということを選手自ら監督に告げていたり、監督が選手の様子からそれを容易に知ることができたにもかかわらず、選手に続投させたために、ひじを壊してトミー・ジョン手術を受けざるをえなくなった場合、監督や学校に治療費を求めることは可能です。

公立高校であれば、監督個人に対しては責任を問えませんが、学校の設置管理者である公共団体に対して、国家賠償法に基づいて損害賠償責任を問うことができます。私立高校であれば、監督及び学校の設置管理者である学校法人に対して、民法に基づいて損害賠償責任を問うことができます。

このような記事が弁護士のコメントとして書かれていました。現場の法整備を知らないためにこのような書き方なっていますが、実際に高校球児がトミージョン手術を受けた場合はどうなるのでしょうか。

都道府県、市の医療費助成制度を活用

まず、私の住んでいる市の制度では、子供が高校を卒業するまで医療費が月に500円となります。一度受診して500円を払えば、その月に何度病院に行っても支払いをする必要がありません。治療が翌月に延びれば、また500円かかります。

ということは、トミー・ジョン手術を行っても基本的には500円で済むわけです。

日本スポーツ振興センターの制度を活用

他の市では医療費補助が中学卒業までという所もあります。その場合は高校の時に手術をしてしまうと500円では手術がえきませんが、高校入学時に全生徒が加入する日本スポーツ振興センターの制度を使えば、医療費全額+αが戻ってきます。

ちなみに100万円治療費がかかっても、高額療養費制度を活用できるので実際に支払う額は9万円程度です。なので、大きな手術をしたからといって莫大な治療費を支払う必要はありません。

治療費がほぼかからないといっても、選手を故障させていいわけではありません。私が教員になった時は「体罰はダメ」と言われ始めた時期で、ちょっと前までは「パワハラ(暴言)に注意」と言われ、今は「選手の酷使はダメ」という時代の流れになっています。これらは当然のことなので、しっかりと指導者として選手を指導していかないといけませんね。

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

体罰問題について考える1 ~何故体罰が起こるのか~

それでも、体罰は必要だ! (WAC BUNKO) 体罰の現状 私は指導者を始めてから、一切体罰は行っていません。 指導者を始めた頃には「体罰はダメ」という流れになっていましたし、先輩指導者から「俺たち …

高校野球の球数制限を考える。本当の高校野球の現場ではどうしているのか。

高校野球の球数制限「正直苦しい」 福井の公立校監督 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-fukui-l18 球数制限導入に現場の指 …

大船渡高校の佐々木君の決勝戦の登板回避について

決勝戦は練習のために見られませんでしたが、準決勝は休暇を取っていたのでネット中継で大船渡高校の試合を見ることができました。佐々木君の投球が素晴らしかったことに加え、チームもしっかりと鍛えられていました …

早稲田実業野球部の大会辞退理由は公表しなくていい?高校野球部で不祥事が起こったらどうなるの?

早稲田実業高校野球部が秋季大会を辞退した問題ですが、辞退の理由を発表しないということで色々とネット上で議論がされています。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201 …

横浜高校野球部で起こった問題について考える。「授業中に騒ぐ部員を練習停止はやりすぎ?」

早稲田実業高校野球部に続いて、横浜高校野球部にも指導者の問題ですが、問題が勃発しました。 一部の話では、横浜高校監督を交代させるため野陰謀ではないか…などという話も聞いたりしますが、真相はわかりません …