トレーニング

熱中症予防でスポーツドリンクを飲むのは絶対にダメ。高校野球部で行われている正しい水分補給の対策とは。

投稿日:

熱中症とは、体内の水分や塩分が不足することによって引き起こされる命に係わる症状が起こりますが、しっかりと対応をすれば基本的には予防をすることができます。

しかしながら、現在多くの方々が行っている熱中症対策、特に「水分補給」に関しては大きな間違いをしているケースがすごく多いと感じています。世間の常識に流されてどれだけ多くの人が熱中症になっているのか。

野球部は私の指導の元、正しい水分補給をさせていますが、他部の部員は好き放題誤った水分補給をしているのでよく熱中症になっています。

あくまで私が学び、近隣のベテラン内科医からお墨付きをもらった内容ですが、何かの参考になれば幸いです。

水分補給で大事なことは「体液」の補給である。

人間の体内の約60%は水分であるということはよく言われています。そしてその水分は「体液」です。水分は口から捕球され、胃を通過して、小腸で体内に吸収されます。小腸で吸収されてはじめて「体液」となって「水分補給」が完了するので、水分を摂取しただけでは「水分補給」とはならないのです。

喉が渇く前に水分補給を、ということはこういうことからです。喉が渇くということは、体内の水分(体液)が不足しているサインなのですが、この時に水分を補給しても、すぐにその水分が小腸に届いて体内に吸収されるわけではありません。なので、少しずつ水分を補給して、体液量を維持することが大事になってくるのです。

喉の渇きがなくなる=水分補給が完了ではないということを理解してください。

正しい水分補給とは

夏は特に汗を多くかくので、「体液」が失われるのが早くなってきます。ということは、「早く体液の補給が求められる」=「早く体液に変わるものを飲む必要がある」ということになります。

 スポーツドリンクというものが販売されていますし、多くのスポーツの現場でスポーツドリンクが飲まれています。メーカーも熱中症予防に効果的という宣伝をしています。では、本当にスポーツドリンクは夏場の水分補給に適しているのでしょうか?

 先ほどまでも解説してきましたが、水分は「腸」から吸収されるので、飲んだものをいちはやく「腸」に届ける必要があります。そして腸に早く届く飲み物とは「体温に近い温かい水」となるのです。

 これは内科医にも相談して「そうだ」という答えをもらいましたが、飲んだものが体温に近くなければ、胃は腸にものを送らないので、冷たい飲み物ほど吸収が遅くなるのです。中には「冷たい方が小腸に早く送られる」というものも見かけますが、ネットで検索すると論文にも「体温に近い温度の方が小腸に送られるスピードが速い」というものを発見しました。

また、「味のあるものは、消化をしてからしか腸に送られない」という衝撃の事実も発覚しました。冷たい飲み物や味のあるものは1時間近く胃で滞留したままになり、その間に脱水が進む(起こる)という事態になってしまいます。

ということは、冷たいスポーツドリンクで水分捕球をすることが熱中症対策としては最悪にとなりますね。よく喉が渇いてからジュースを飲んで水分補給をする人がいますが、こういう水分補給が熱中症を生むのです。

 これは聞いた話ですが、ある小学校の運動会で子供が大量に熱中症になったそうで、子供たちの水筒にはスポーツドリンクが入っていたということでした。

水分補給に適した飲み物は一体何か?

これも内科医との話で教えてもらったのですが、水分補給に一番適した飲み物は「常温の水」だそうです。これが一番腸に素早く届く。暑すぎて飲みにくい場合は少し冷たくてもいいそうですが、熱中症になってしんどくなってしまっている子供には絶対に「温かい水」を飲ませるのがいいです。

ここで冷たいスポーツドリンクを与えてしまうと、熱中症が進みます。よく使われる「オーエスワン」なんかも同様です。とにかく「冷たすぎない水」を飲むことが大事になります。

また、ミネラルが豊富でカフェインの入っていない「麦茶」がいいという話もありますが、「水」と比べると吸収速度が遅くなるそうです。水と併用して飲むといいかもしれませんね。

また、水分補給に加えて塩分捕球も大事であるといわれていますが、これも内科医によると「塩分は耳かき1杯分くらいの補給で問題ない」「みんな塩分を過剰摂取しすぎている」というアドバイスをもらいました。

私の指導する野球部では、練習中のスポーツドリンク摂取は禁止(練習後に楽しむ分にはOK)、保護者からの差し入れもスポーツドリンクは禁止、麦茶と水の差し入れに変えてもらい、各自「塩」を持たせて必要に応じて舐めさせています。

塩分チャージなどのタブレットもいいでしょうが、お金がかかるので塩で十分です。

この取り組みを進めて、練習中の熱中症は激減しましたし、夏の大会中に足がつるようなことは一切ありません。

世に出ている水分補給の方法とは真逆のことで受け入れられないことも多いかもしれませんが、私は納得して、保護者と部員にも説明して取り組んで一定の成果を感じています。

何かの参考になれば幸いです。

-トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高校野球の大会前の追い込み練習について考える。智辯和歌山高校の方法は正しいのか?

我々指導者も、日々学び続けないといけません。技術的な部分はもちろんとして、トレーニングや部員との関わりなどについても、時代の流れに合わせたり、最新の理論を取り入れたりする必要があるでしょう。 過去を全 …

高校野球の追い込み練習について。大会に向けてのコンディショニングを成功させるためには。

高校野球の夏の都道府県大会に向けて、どのようにコンディショ二ングをしていけばいいのか、それは紹介する書籍に詳細に書かれています。 ピーキングのためのテーパリング −狙った試合で最高のパフォーマンスを発 …

ウエイトトレーニングは野球に本当に必要なのか?トレーニングだけでは野球は上手くなりません。

アスリートのための筋力トレーニングバイブル 使える筋肉・使えない筋肉 アスリートのための筋力トレーニングバイブル 本当に野球に必要なトレーニングとは何か 良いトレーニングは無いかな…などと調べれば調べ …

高校野球の追い込み練習について。6月に追い込み練習をするのは間違え?

その痛みやモヤモヤは 「気象病」が原因だった ・気圧が下がると、天候が悪くなり、気温も下がるので交感神経が優位になりやすい。・交感神経が優位になると、知覚神経が過敏になり、痛みを強く感じやすくなる。・ …