守備 走塁

秘伝の書「野村の考え」の内容を解説した本。プロ野球ではどんなことを教えているのか【そのとき野村が考えていたこと】④

投稿日:2019年2月17日 更新日:

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

一三塁の攻防。

これは本当に難しいです。ここで様々な攻めのパターンを持っているチームは、逆に対処方法も練習しているので大丈夫ですが、あまり練習していないチームにとっては悲劇の始まりになったりしてしまいます。

私も指導者になってすぐなんてどうしたらいいのかわからず、ベテラン指導者からやられたい放題でしたが、野球を学んでいく中でずいぶん得意なシチュエーションとなりました。

書籍の内容を見ていきましょう。

走者一三塁という状況は、野村監督のミーティングの中でも「一三塁の攻防」という項目があるくらい奥深いものです。
「イニング」「点差」「アウトカウント」「惰力」「三塁走者の走力」など、色々な要素がからみあうだけに一概には言えませんが、野球好きの人であれば興味があるところではないかと思いますので、参考までに少し触れておきましょう。
 
◎盗塁(ダブルスチール)
ダブルスチールの場合、楽天の守備時におけるベンチからのサインには「捕手ノースロー」「投手がカット」「捕手の二塁直行送球」の三種類がありました。
攻撃時は、ダブルスチールの時は“捕手の二塁直行送球が投手の頭を超えてから”三塁走者がスタートする。ヤクルト時代はその基準だったのですが、守備側のダブルスチールへの対処は進歩しています。
ダブルスチールでは三塁走者をホームインさせたければ、「捕手の二塁直行送球で、球が捕手の手から離れるか離れないか」のタイミングで三塁走者はスタートを切らなければセーフにならないので、このサインは「相手捕手が必ず二塁に送球する」という確固たる根拠が無ければ出しません。
その根拠とは「イニング」「点差」「アウトカウント」「惰力」「三塁走者の能力」などの条件がどのように組み合わさったとき、捕手が二塁に投げているかを、過去のデータから導き出すのです。

書籍より

ここではダブルスチール(重盗)についての解説です。

まず、捕手の能力が低ければ話になりません。一三塁から盗塁がフリーパスになってしまっているときなんて、守備側としては何の対策も取れません。

まずは盗塁を刺殺できる捕手の育成からでしょう。


ダブルスチールは、相手にしっかりとプレーされれば基本的にはアウトになります。

一死一・三塁の場合

一死からは二塁手が投手と二塁ベースの間にカットに入るので、三塁走者のスタートが早ければ2-4-2でタッチアウト確実です。

そして二塁手がスルーしたタイミングでスタートを切っても、遊撃手の肩が普通程度あるならば2-6-2でタッチアウトになってしまいます。

このケースは二塁手をどのようにカットに向かわせないかを考えればいいでしょう。

守備側としては無死・一死ではダブルスチールは無いと踏んで、思いきって捕手に二塁直送球(セカンドがカットできる高さ)で問題ないと思います。

二死一・三塁の場合

これが2死になると、二塁手のポジショニングが通常のポジショニングに戻るのでカットに動くことができません。なので二塁直送球をしてしまうと三塁走者に本塁生還されてしまう可能性が高くなります。

フリーパスにして2死二三塁にもしたくないのですが、私はこう考えます。

「ダブルスチールで得点を取りにくるということは、この打者に安打が期待できないということだ」

と。

ならば、投手カットにしておいて最悪2死二三塁になっても、そこからその打者を打ち取ればいいのです。

逆に上位打者の場合はダブルスチールをする必要がないので、相手ベンチとしては「2死二三塁にしたい」という作戦であるはずなので、思い切って二塁直送球をして走者の刺殺を狙えばいいのです。

一三塁の考え方は、どのように得点を取ろうとしているかを考えることが、守備側の対処法につながると思います。

野球の楽しさが学べるシチュエーションですね。

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

-守備, 走塁

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

機動力野球とは盗塁を数多くしかけることではない。走者とバッテリーの駆け引きとは。

「頭で走る走塁論」赤星憲広著 頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書) またどうしてもここは走りたい、走らないといけないというときに、究極のリードを編み出した。これは私の企業秘密的なリー …

秘伝の書「野村の考え」の内容を解説した本。プロ野球ではどんなことを教えているのか【そのとき野村が考えていたこと】⑤

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 三塁走者のギャンブルスタートについて プロ野球などでもよく言われるギャンブルスタートを生み出したのはヤクルト時代の野村監 …

盗塁を考える。どうやって盗塁をするのかのヒントを得るにはこの本【頭で走る走塁論】①

「頭で走る走塁論」赤星憲広著 頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書) 高校野球で、無死一塁からの攻撃は過去は送りバントが鉄板でした。 しかしながら、最近はどのようなレベルの学校でも強攻 …

走塁を鍛えて機動力を使うにはどうしたらいいのか。機動破壊の基本をマスター。

最近は雑記が多く、当ブログの本来の目的である書籍などのレビューを久々に書いてみたいと思います。 走塁を学ぶのにお勧めな教材 疾風迅雷~0.1秒、1点にこだわる超・足攻野球~[硬式野球 920-S 全2 …

秘伝の書「野村の考え」の内容を解説した本。プロ野球ではどんなことを教えているのか【そのとき野村が考えていたこと】⑥

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 一死一三塁での二遊間の守備位置 野球の試合の中でも複雑な動きや考え方が求められる一三塁。ここでは守備についてまとめてみま …