捕手

プロが教える配球の極意とは。捕手なら知っておきたい配球の基本。

投稿日:2019年2月16日 更新日:

そのとき野村が考えていたこと 橋上 秀樹 (著)

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

書籍で野球を勉強するようになった時に、本当に野村克也氏関係の書籍を読み漁りました。

いわゆる「野村の考え」をとにかく様々な書籍から学んでいたのです。

いまや手元に原本があるので、このような書籍に頼る必要はないのですが、その原本に書かれている内容を具体的な例を用いて解説しているような本に出会えたことで、理解が深まったと思います。

この本は配球だけでなく、戦術的な面も多数記載されており、何度も読みこんで自分なりにアレンジをしていきました。

「プロではこうやっている」ということは、なかなかアマチュア指導者は知ることができません。プロがやっていることが全て正解ではありませんし、アマチュアでのプレーがプロよりレベルの高いことをやっているなんていうこともいっぱいあります。

さて、何度か配球についての記事を書いてきましたが、この本での配球の部分を見ていきます。

配球の極意とは、何かを意識づけることによって、それに対比する別のもの(球種・コースなど)への注意力を弱めるということになります。具体的に言えば
 
・速い球を意識させることにより、遅い球が有効になる。
・高めの球を意識させることにより、低めの球への注意力がおろそかになる。
・内角球を意識させることにより、外角急に踏み込めない。

 配球ので特に大事なのは「内角」を意識させること。投手でも打者でも内角を克服できれば一流になれます。
 
 投手からすれば、内角球をコントロールミスした場合、長打になる危険性があります。一方、打者からすれば、本能として「ボールに対する恐怖心」「詰まることへの羞恥感」があります。
 だから、捕手が内角に要求することで、打者にその二つの思いを呼び起こさせながら、最終的に外角で勝負するための“エサ”をまいておくことが、「配球」なのです。

書籍本文より

私の考える配球の極意は

相手に特定のボールを意識させる

ということです。それが内角を使えるのであればそれでいいのですが、高校生レベルの投手で内角をしっかりと投げられる投手は殆どいません。

ほぼ100%のバッテリーが真ん中から外の配球。打者はアウトコース一本絞りの変化球対応で何とかできてしまいます。

そして、強豪私学の打者などは特に長打を警戒されて外中心の配球になりがちなので、こういう時に「内角」に投げられる投手を作っておけば、「ハマる」のです。

そのような打者でも、金属バットの弊害で多くの打者がドアスイングです。そして、そこまで内角を攻められる経験もないので練習も甘くなります。

そもそも、インコースの打ち方をしっかりと指導しているチームがどれだけあるのか、ということもポイントなのですが、要は「インコースに投げれれば、打者を打ち取りやすくなる」というのは間違いありません。

続く。


第1章 野村監督が就任して、楽天はどう変わったのか?
第2章 野村の考え 捕手編
第3章 野村の考え 投手編
第4章 野村の考え 打者編
第5章 野村の考え 走塁・外野守備編
第6章 プロ野球「ベンチ裏」の攻防
第7章 私が見てきた「野村再生工場」の極意
第8章 「走者一・三塁」の醍醐味
第9章 「一軍ベンチ入り二八人」をいかにして選ぶのか―野村流・人材活用、組織術

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

-捕手

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

打者共通の苦手なゾーンを知れば配球が楽しくなる。プロが教える配球の基本。

そのとき野村が考えていたこと 橋上 秀樹 (著) そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)  あらゆる打者に共通する苦手ゾーンとは、簡単に言えば「内角高目」と「外 …

プロが教える配球の基本・セオリー。初心者から上級者まで参考になります。

梨田昌孝の超野球学  梨田昌孝著 梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官 ストレート●とカーブ▲だけで3球勝負をしたら配球パターンはいくつになるだろうか●●●●●▲●▲●●▲▲▲●●▲●▲▲▲●▲▲▲ …

野球人なら絶対に読んでおきたい、野村監督から学べる本。配球と人生と野球。

【野村ノート】 野村克也著 野村ノート (小学館文庫) 野村氏が指導した選手しか持っていない門外不出の書である 【野村の考え】 の存在を知り、どうしても読みたくなり、ありとあらゆる手段を使って探し続け …