走塁

盗塁を考える。どうやって盗塁をするのかのヒントを得るにはこの本【頭で走る走塁論】①

投稿日:2019年2月15日 更新日:


「頭で走る走塁論」赤星憲広著

頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

高校野球で、無死一塁からの攻撃は過去は送りバントが鉄板でした。

しかしながら、最近はどのようなレベルの学校でも強攻してくることが多い。

「データ的に打たせた方が得点期待値が高い」

という情報が手に入るじだいだからか、本当に送りバントが減った。

では守備側としてはどうか。上位打者が送ってくれれば「ラッキー」であるが、下位打者が普通に打ってくれればゲッツーが期待できるので「ありがとう」という感じである。

投手と打者との力関係や、得点差、次打者と投手の力関係などで「嫌な采配」をあまり最近されないので、弱者としては相手の攻撃の対処がしやすくなったと感じています。

では、無死1塁から一番されたくないことは…

無死2塁にされること。

こうなると、もう1点は確実に覚悟しなければいけません。

攻撃側としても、何とか一死3塁を作りたい。となれば、無死2塁は得点の絶対条件なのです。

そこで一番簡単な方法が「盗塁」になるわけです。

盗塁はある程度の走力があり、訓練を積み、走るタイミングを間違わなければ、高校レベルであればほぼ100%決めることができるのではないでしょうか。

今回は「頭で走る走塁論」をベースに、何回かに分けて走塁について考えてみたいと思います。

ある投手と対戦して、ヒットや四球で一塁に出塁したとする。その時に、いつものリードよりもまず一歩ほど大きくリードを取ってみるのだ。そして投手がセットポジションに入ると、一歩か半歩だけリードを縮めてみる。
人間の心理とは面白いもので、投手は最後に走者が少しベースの方に戻ると、自分の牽制が功を奏してリードが小さくなったと勘違いするのだ。相手はいつもよりリードが小さくなったと思いこんでいる。しかし、最初に取ったリードが大きいので、少し戻っても実際はいつもよりリードは大きくなっている。

書籍より

色んな考え方がありますが、盗塁は駆け引きです。

盗塁は走る勇気が大事だ

とも言われますが、アウトになるタイミングで特攻をかけても必ず失敗します。

大事なのは「相手が盗塁すると思っていない時に走る」ことです。

走者が1塁にいたらバッテリーは当然走者を警戒しますが、全球盗塁を警戒しているわけではありません。

そうなれば、全球クイックでアウトコースにストレートを投げてくれることになるので、盗塁をしなくでも打者が安打を打つ可能性が上がるので走らなくてもいいのです。

話を戻しますが、投手は実際にセットに入ってしまえば、走者のリードの微妙な大きさなんて見えません。なので、セットに入る前にちらっと見られたタイミングで戻る。

もしくは、ファーストはよく「リード小さい」「大きい」なんて言っていますが、多くがただの自分の主観で言っているだけなので実はあまり当てになりませんが、こうやって喋ってくれるファーストが相手なら、リード幅を調整するだけで「戻った」などと投手に安心する声をかけてくれます。

読者の皆様からしたら当たり前な話かもしれませんが、このテクニックを知ってから色々と工夫するだけで、本校の走塁が相手に嫌がられるようになりました。

もし知らなかったら、活用してみてください。

次回に続く。


【目次】

★序章―盗塁がよくわかる五つの視点
1.重要なことは「走る勇気を持つ」ことだ
2.きちんと準備をすることで八割決まる
3.盗塁は練習ができない
4.「足が速い」=「盗塁ができる」ではない
5.「盗塁にスランプはない」の嘘

★1章―野球が面白くなる魔法の盗塁
1.「飛ばないボール」だからこそ盗塁を
2.「60個盗塁できれば三割打てる理由
3.盗塁が相手チームに与える心理的負担
4.今、チームに必要なのは30盗塁の選手二人
5.八割の成功率というプレッシャー

★2章―相手投手との駆け引きとは
1.投手のクセの見抜き方
2.走りやすい投手、走りにくい投手の違い
3.うまい牽制とへたな牽制
4.100%の確立でできた山本昌投手
5.上原浩治投手との騙し合い
6.リードは大きく取るだけが能ではない
7.目の錯覚を利用した究極のリード
8.試合の中でどう軌道修正するか

★3章―捕手とやりあう究極の心理戦
1.ストレートとフォークで構えが違う
2.経験が浅い捕手の配球パターン
3.大ベテラン谷繁元信捕手のすごさ
4.強肩よりの送球の正確さ
5.盗塁阻止率ではなく、盗塁企画阻止率

★4章―相手チームを凌駕する秘策
1.うまい一塁手のタッチプレー
2.守備がへたな二遊間のほうが走りにくい
3.二塁牽制のときは野手の動きは無視する
4.以外に重要な一塁ベースコーチからの情報
5.盗塁成功率が教えてくれるもの
6.ピンチのときの盗塁は諸刃の剣

★5章―もっとうまくなる技術の磨き方
1.三盗というリスクとメリット
2.スライディングかヘッドスライディングか
3.帰塁のとき頭から戻る理由
4.いぶし銀の代走専門選手
5.「走・攻・守」の間違った意味
6.一番打者の第一打席の重要性
7.ボールをカットする練習
8.最強の一番打者とは

★6章―ワンランク上の盗塁論
1.スタートよりタイミング
2.ベースカバーは二塁手に入らせる
3.盗塁がしやすい球場、しにくい球場
4.二塁ベース上にもストライクゾーンがある
5.究極のスライディング技術
6.途中でやめる技術
7.お尻でなく足で滑る

★終章―ランナー目線で視野がぐっと広がる!
1.すごい二番打者でチームがまわる
2.1000回の素振りより10時間の研究
3.走る喜びは勝つ喜び
4.今こそ真の機動力野球を

頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

-走塁

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秘伝の書「野村の考え」の内容を解説した本。プロ野球ではどんなことを教えているのか【そのとき野村が考えていたこと】④

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 一三塁の攻防。 これは本当に難しいです。ここで様々な攻めのパターンを持っているチームは、逆に対処方法も練習しているので大 …

秘伝の書「野村の考え」の内容を解説した本。プロ野球ではどんなことを教えているのか【そのとき野村が考えていたこと】⑤

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 三塁走者のギャンブルスタートについて プロ野球などでもよく言われるギャンブルスタートを生み出したのはヤクルト時代の野村監 …

走塁を鍛えて機動力を使うにはどうしたらいいのか。機動破壊の基本をマスター。

最近は雑記が多く、当ブログの本来の目的である書籍などのレビューを久々に書いてみたいと思います。 走塁を学ぶのにお勧めな教材 疾風迅雷~0.1秒、1点にこだわる超・足攻野球~[硬式野球 920-S 全2 …

機動力野球とは盗塁を数多くしかけることではない。走者とバッテリーの駆け引きとは。

「頭で走る走塁論」赤星憲広著 頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書) またどうしてもここは走りたい、走らないといけないというときに、究極のリードを編み出した。これは私の企業秘密的なリー …