捕手

プロが教える配球の基本・セオリー。初心者から上級者まで参考になります。

投稿日:2019年2月12日 更新日:

梨田昌孝の超野球学  梨田昌孝著

梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官


ストレート●とカーブ▲だけで3球勝負をしたら配球パターンはいくつになるだろうか


●●●

●●▲
●▲●
●▲▲
▲●●
▲●▲
▲▲●
▲▲▲


これに高低や左右というパターンを加えるとそのパターンは何倍にもなり、見せ球を入れて4球で考えるともっと複雑になる。配球とはつまり、ある意味で無限のパターンの中から最善と思われるものを引き出す作業なのだ。

捕手出身でない指導者は「配球」についてどのように指導しているのでしょうか。

高校野球の指導者でさえ、「配球はわからないから選手に任せている」という方もおられますし、ベンチから1球1球サインを出す方、マニュアルを作成してその通りに配球させている方など、様々です。

持論ですが、配球で大事なことは

「絶対投げたらダメなボールを投げる」

という大失敗をしなければ何でもいいと思っています。

何も考えずにサインを出しているようなバッテリーでは勝ち上がれませんが、選手なりに色々と考えて配球をし、そこで成功や失敗を繰り返し、選手間や指導者とコミュニケーションを深めていけば、年間100試合くらい経験を積めば最後の大会は選手に任せていても問題なくなると思っています。

配球指導で大事なのは

「配球のセオリーを頭に入れる」

ということで、それが

「絶対投げたらダメなボールを投げる」

という大失敗を避けることにつながると思います。

ある年に全国制覇をしたチームのコーチから

「ウチはボール先行カウントでインコースは禁止という決まりがある」

と教えていただきました。このようなセオリーを頭に叩き込み、後は発想に任せていると教えていただきました。

私は捕手出身ではなかったので様々な書籍を読みこんだり、捕手出身の指導者に教えをいただいて配球を学びましたが、その中でもかなり役に立ったのはこの書籍でした。

カウント別配球論として0-0から3-2までの全てのカウントでの著者の考え方が述べられています。当時はなかなかこのような解説書が無かったので、とにかく丸暗記し、まとめ、部員に配布して共有したことを覚えています。

プロ野球での考え方が中心なので、少年野球~高校野球のレベルでどれくらい選手が理解できるかはわかりませんが、捕手出身でない指導者が配球の基礎を学ぶには最高の書籍ではないでしょうか。

私はこの書籍を読みこんでから野村克也氏の書籍と合わせて配球を学び、指導には困らなくなりました。

指導者が深く理解できていないと、部員たちにかみくだいて理解させることはできません。

しかしながら、配球は投手がある程度サイン通り投げてくれて成立するものであるので、まずは投手育成からかもしれませんね。

以下はカウント別配球論の目次です。(ストライク-ボール表記です)

カウント0-0 初球はストライクを取るべきだ

カウント1-0 打者のタイミングを配球に行かそう

        配球は4つのゾーンで組み立てる
カウント0-1 打者の待っていないボールを考えよう
        緩急と思考の死角も活用しよう
カウント2-0 追い込んでからは無意味なボール球は必要ない
        投手が有利な状況ではしっかりと腕を振ろう
カウント0-2 冷静にリードの方針を決めよう
        カウント0-2からでも勝負はできる
カウント1-1 打者を打ち取るイメージを作ろう
カウント2-1 ストライクゾーンを25分割で考えてみよう
        打者にコースや球種の意識を植え付けよう
カウント1-2 余裕のある1-2も持っていこう
        相手打者を観察し、リードにゆとりを持たせよう
カウント0-3 強打者にも落とし穴がある
        ボール球が続いてしまうのは誰のせい?
カウント2-2 セオリーで行くか、裏をかくか
        感じたことを言葉にする習慣をつけよう
カウント1-3 1-3までのプロセスでリードは変わる
        2-3を意識させれば勝機は広がる
カウント2-3 フルカウントではバッテリー間の信頼関係が大切だ
        投手もベンチも納得できる洗濯をし

梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官

-捕手

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

野球人なら絶対に読んでおきたい、野村監督から学べる本。配球と人生と野球。

【野村ノート】 野村克也著 野村ノート (小学館文庫) 野村氏が指導した選手しか持っていない門外不出の書である 【野村の考え】 の存在を知り、どうしても読みたくなり、ありとあらゆる手段を使って探し続け …

プロが教える配球の極意とは。捕手なら知っておきたい配球の基本。

そのとき野村が考えていたこと 橋上 秀樹 (著) そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 書籍で野球を勉強するようになった時に、本当に野村克也氏関係の書籍を読み …

打者共通の苦手なゾーンを知れば配球が楽しくなる。プロが教える配球の基本。

そのとき野村が考えていたこと 橋上 秀樹 (著) そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)  あらゆる打者に共通する苦手ゾーンとは、簡単に言えば「内角高目」と「外 …