メンタルトレーニング

メンタルトレーニングとは何かがこの9つの記事でわかる!基本から応用、実際やってみた感想までを解説。

投稿日:2019年3月15日 更新日:

8回にわたってスポーツメンタルトレーニングの記事を作ってきました。

私自身、スポーツメンタルトレーニング指導士の方に指導を受け、メンタルトレーニングを学び、自分の指導に生かしました。

今回はメンタルトレーニングの総まとめの記事を作成しました。

記事の一番下に今までの記事を掲載しましたので、よければお読みください。

結局、一番役立った心理的スキルは?

私自身は、切り捨てルーティン、向上ルーティン等のパフォーマンスルーティーンが一番ではないかと思っています。

しかしながら、「パフォーマンス」として行っている部員が多く、本当にそのパフォーマンスルーティンが役に立っているかどうか。この検証が難しいです。

記事にも書きましたが、メンタルトレーニングは成果を感じにくく、そして心理的スキルが身につくには膨大な時間がかかります。

理論的に説明すれば、部員は納得して心理的スキルを実施し始めるとは思いますが、次第に飽きてきますし、成果が感じられないので続ける意欲が薄れます。

これは我々大人もそうですが、肉体改造を目指して頑張ってトレーニングを行うものの、一向に筋肉がつかない、身体の変化がない、という状態が続けば、やる気が無くなるのは当然であると思います。

そんな時にどう部員にトレーニングを続けさせるかが難しい。

やはりこういう時には専門家(スポーツメンタルトレーニング指導士)に頼るのがいいと思います。

結局、メンタルトレーニングは必要なのか?

必要なことには間違いないと思います。トップアスリートはこの「心」の部分の差が勝敗を左右するでしょう。

しかしながら、技術が未熟な高校生の場合、「心の差」よりも「技術の差」や「体力・筋力の差」が勝敗を分けることが多いです。

技術や体力を高めることに多くの時間を使えば、練習時間が有限な高校野球や少年野球などでは、「やらないといけないこと」が多く、その中に「メンタルトレーニング」を取り入れる時間がないことも確かなことです。

なので、心理的スキルの全てをトレーニングすることは不可能であるとしても、部分的に取り組んでいけばいいのではないでしょうか。

ちなみに、私が指導した中で一番強くて成果を残したチームでは、一切のメンタルトレーニングを行いませんでした。

その分他の部分の練習に時間を使いましたが、最終的な敗戦の原因は「心」ではなく「技術」の差であったと分析しています。

「やっと方がいいこと」

はメンタルトレーニングも含めていっぱいあると思います。

それを、チームの状態に合わせてどう取捨選択して取り入れていくか、この判断が指導者の腕の見せ所ではないでしょうか。

必要だ!と思った時にしっかりと指導できるように、メンタルトレーニングを本格的に学んでみてはどうでしょうか。

-メンタルトレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スポーツメンタルトレーニングの実践6 ~イメージトレーニングの方法~

大リーグのメンタルトレーニング(Amazon) 大リーグのメンタルトレーニング (楽天) イメージの重要性 「イチローのバッティングフォームをイメージしてください。」 と言われれば誰でも簡単にイメージ …

スポーツメンタルトレーニングの実践3 ~集中力のトレーニング~

新版 今すぐ使える メンタルトレーニング 《選手用》 集中力のトレーニング  野球というスポーツは「間」が多くあります。1球1球の投球の間、攻守交代の間など、この「間」の使い方が重要で、何も対策を講じ …

スポーツメンタルトレーニングの実践7 ~ポジティブシンキングの方法~

大リーグのメンタルトレーニング(Amazon) 大リーグのメンタルトレーニング (楽天) ポジティブシンキングとは何か  ポジティブシンキング(プラス思考)とは、考え方をポジティブ(プラス方向)へし …

野球選手なら読んでおきたい、スポーツ心理学をベースとしたメンタルトレーニングの教科書。

【大リーグのメンタルトレーニング】  大リーグのメンタルトレーニング メンタルトレーニングという言葉は最近はずいぶん普及してきました。 皆さんも様々な形で指導をされているように思います。 私も10年以 …

スポーツメンタルトレーニングの実践1 ~メンタルトレーニングとは何か?その必要性とは?~

過去の記事でも、スポーツメンタルトレーニングについて取り上げました。 メンタルトレーニングの基本を学ぶならこの本【大リーグのメンタルトレーニング】 今回からは、スポーツメンタルトレーニングについて何回 …