投球

野球における走り込み論争に欠けている点。私は走った方がいいと考える。

投稿日:

野球の練習について走り込みは必要かどうかの論争について。

結論から言いますと、走り込みは必要です。

野球は瞬発力が重要なので、ダッシュをすべきで走り込みは必要ない。そういう考えの人が多くいるように思います。しかしながら、よく考えてください。「走り込みは必要ない」と言っておられる指導者の方は、何で「必要ない」と言い切れるのでしょうか。

「ダルビッシュ選手が言ったから」「有名なトレーナーの方が言ったから」「そういう研究成果があるから(それを見たから)」「時代が走り込みを否定する流れだから」

くらいの感覚ではないでしょうか?

何故、プロ選手などのレベルの高い選手たちが走り込むのでしょうか?過去の大選手のような人も「走らないとだめだ」と言います。彼らの時代にはウエイトトレーニングの機材がなかったので走るしかなかったと思いますが、現代の選手は様々な選択肢があります。なぜ彼らは走るのでしょうか?

我々指導者は、「選手感覚」が抜け落ちています。どうしても「指導者感覚」で物事を考えがちです。自分が選手だった時よりも知識は増えているでしょうが、結局その知識は知識でしかなく、実際に自分が動いて身につけて感じて工夫した感覚ではないので、結局は選手に伝わらないことが多いのです。

話は戻りますが、なぜ一流選手は走り込むのか。

それは「走った方がいいボールが投げれる、走った方がいいプレーができる」と感覚的にわかっているからでしょう。そうでなければ、絶対に走りません。

走り込み=スタミナ作り

私はそういう感覚で選手を走らせているわけではありません。いいボールを投げさせるため、故障を防ぐために走らせています。これには私なりに根拠がありますし、走った後に選手に色んなチェックを行うと効果は明らかです。

中学生~高校生の投手は、いっぱい走った方がいい。ショートダッシュも大事ではあるけれど、長い距離をゆっくりと長い時間をかけて走れば、故障も減るし良いボールが投げれるようになるでしょう。

何のために走るのか。

選手目線で考えた時に答えが見つかるのではないでしょうか。

指導者の方は、ご自身が走り込んで、自分の体や投げるボールがどう変わるのかを感じてみてはどうでしょうか。そこで何も感じないのであれば、走り込みをさせなければいい話ですし、そこで何かを感じれば、私のように走り込み肯定の考え方になるでしょう。

とにかく、自分がやって効果を感じる。そういう選手感覚を我々指導者は絶対に忘れてはいけないと思います。

-投球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高校野球に球数制限は本当に必要なのか?高野連の考えは古い?メジャーが正しい??

高校野球における球数制限導入の是非について 高野連が新潟独自の球数制限実施に“待った”の賛否 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010000- …

あなたはアウトローに何球投げられますか?投手のコントロールを考える。

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y) 投手のコントロールについて 少年野球でも球数制限が導入され、複数の投手を育成する必要がでてきました。 我々も「投手経験者 …

4スタンス理論は個に応じた野球の指導につながるのか?投手指導や打撃指導などへの活用法について。

野球指導は個に応じた指導が必要である 野球において、ピッチング指導やバッティングの指導には「フォーム指導」が必ず入るでしょう。基本的に指導者は「自分のやってきたスイング」を選手に指導します。 これは間 …

高校野球の球数制限を考える。本当の高校野球の現場ではどうしているのか。

高校野球の球数制限「正直苦しい」 福井の公立校監督 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-fukui-l18 球数制限導入に現場の指 …

個に応じた指導とは?ピッチング、バッティング、野球の基本。鴻江理論とは?

あなたは、うで体?あし体?  鴻江寿治著 あなたは、うで体? あし体? 3秒で体がわかる、人生が変わる (単行本) 著書に関する参考記事です https://sportiva.shueisha.co. …